2015年8月15日土曜日

「野火」


戦争のその後。


塚本晋也監督作品、大岡昇平原作の「野火」を観ました。
タイトルを言っただけで原作をご存知の人は
「あぁ、、人食べちゃうやつでしょ、そういうの気持ち悪くなるから駄目だな・・」
という感じになります。


戦争末期の兵士達の極限状態を、
大袈裟でもなく、グロテスクにする訳でもなく
あくまでもありのままを描いていたように個人的には感じました。


映像が残酷過ぎて妊婦さんが入場を断られそうになった
なんて話を訊いていたので少しビクビクでしたが、
かなりギリギリの表現で抑えながら、それでも伝わってくるものは想像以上でした。

戦争は、闘っている時よりも
生き残ったその後の恐怖の方が計り知れないものがあるのではないかと
自分にそっと置き換えるだけでも堪え難い思いに駆られてしまった。

それだけに美しい映像が尚更胸に痛かった。

自主制作のこの作品、公開されている場所が非常に限られている事が勿体ないです。
正直、この作品を観てから戦争そのものに対する見方もかなり変わってきました。


他人事のように、遠い昔話のように受け止めていた自分が恥ずかしい。

目を背ける事は簡単だけれども、今自分にやれることは「知ること」だけ。
再び起きてはいけないことだなんて、口にするまでも無かった。


機会があれば是非、足をお運び下さい。









0 件のコメント:

コメントを投稿

フナクボ香織 エレキギターを弾き語るオンナ

自分の写真

◆フナクボ香織 オフィシャルWebSite
http://funakubokaori.com/
◆お問い合わせ・その他 お気軽にメールでどうぞ♩